ポップコーンが映画の定番なワケ

映画館で映画を見る場合、映画館の受付近くでは、必ずポップコーンが販売されているといえるでしょう。
自宅で映画やDVDを鑑賞する際、ポップコーンをわざわざ作る人はそれほどいないといえます。しかし、映画館では必ず、ポップコーンが販売されているといっても良いですし、映画鑑賞といえばポップコーンという風に定番化しているといえるでしょう。
このように、なぜ映画館でポップコーンを食べることが帝パンとなっているのでしょうか。
まず、映画でポップコーンが食べられるようになったのはアメリカで始めにポップコーンが浸透してきた歴史があるからです。
アメリカでは、1940年代頃から、映画館でのポップコーンが定番化しました。
昔は、映画がつまらないと、スクリーンに向かってものを投げつけるという習慣があったそうで、ポップコーンは投げつけても被害が少ないという事からも定番化する流れになったようです。
また、人に万が一当たってしまっても被害が少なく、痛くないという事からも定番化していく流れになりました。
また、ポップコーンは、非常に安価であるという特徴があります。
元々、ポップコーンは、値段が安定していたということもあります。
ポップコーンは、利益率も高く、映画館が儲けるのには最適な商品であったと言うことも理由です。
日本にポップコーンが流通してきたのは戦後からですが、アメリカの影響を受け、日本でも映画館でのポップコーンが定番化しました。
しかし、今ではアンチポップコーン派も増えていて、日本の映画館では臭いという意見を持っている人や、食べる音がうるさいということで、敬遠されがちとなっています。しかし、映画館では必ず販売されているので、定番商品として消えることはないようです。